雑記

メモ書き・備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#PSO2 クロトCT管理ツール(?)

というほど便利なものでもないです。せっかく作ったので一応公開しておくことにします。
無題

起動後の画像が全てです。
発言コピー用の文言をショートカットワードに割り当ててクロトが終わったらPT解散して発言しておくだけです。
後はツールがチャットログを解析して発言キャラ名と発言時刻+166時間を表示してくれます。
発言が七日以内にない場合はリストに映りません。
jar形式なのでjavaの実行環境が必要です。

DL

何かあればTwitter(@NebelTal)まで。
スポンサーサイト

#ハースストーン レジェになるまでにやったこととやったほうがいいと思うこと

言うまでもなく他にもっと強い人の記事を読むほうが百倍強くなれるとは思う。

忙しくプレイをしなかった4月を挟んで3月5月とレジェンドを(自分の中では)連続で達成しました。
そこで、自分のようなカードゲームがそんなに上手くないしあんまり勝てないなあって人がレジェンドになるために足がかりになりそうな情報を残しておきたいと思います。


・やったこと

1.@HS_Read2Win のツイートを眺める。
件のアカウントは有名ブログ、Read2Winの管理者様のアカウントです。
ブログ記事を詳細に見ることはあまりありませんでしたが、紹介して頂いている多数の有力なレシピを見ることは成長に繋がったと思います。
はやりがわかればnターン目の〇〇デッキは〇〇を出す、と言うことが推測しやすくなりますし、なによりカードを覚えられます。
漠然と眺めるだけでも効果が出やすいと思います。おすすめ。

2.テンポストームを眺める。
上のTwitterアカウントでもよく紹介してます。
はやりがわかればry

3.友達と通話しながら(観戦して貰いながら)やる。
カードゲームなのでどうやったって事故もぶんまわりも運負けもあります。
ありますが、本当に運負けかどうか、プレイングが間違えていないのに運負けって言うのもカッコ悪いし滑稽です。
そういう時に友達とやっていれば「まあ今のはどうしようもないよなw」と笑い話になって多少精神が楽になったり、プレイングのミスを指摘してもらえたりします。
ハードルは高いと思いますがおすすめです。

4.デックトラッカーを導入する。
このブログの過去記事にあると思うので適当に漁ってください。
戦績見れるし相手のカード見れるし秘策見れるしデッキの残りわかるし冷静に導入しない意味ないです。
ただし大会を視野に入れている人は大会時は使えないそうなので覚えておくといいかもしれません。
この記事が参考になるような人はどうせ当分先の話なので入れるほうがいいと思います。


・やったほうがいいと思うこと

1.Tier1のデッキを組む。
オリジナルのデッキが強いは冷静に考えて寝言で、残念ながら大抵の場合はプロが考えたデッキが強いに決まってます。
一枚も代えずに採用理由を考えながらプレイしてデッキから学ぶほうが賢いです。
テンポストームやRead2Winで流れてるレシピのどれかしらをパクって回しましょう。

2.負けが続いたらカジュアルに潜る。
ストレス溜まってる時にラダーやり続けると心を失って死ぬ

思いついたら追記します。

#ハースストーン Hearthstone Deck Tracker 使い方と日本語対応

なんか個人的に導入やたら苦労したのでダウンロード直後にやったことを纏めて書いておきます。
細かい使い方は別記事を参照してください。

・Hearthstone Deck Trackerとは?
ハースストーンのゲーム画面に「相手の使用したカード」「自分のデッキに残ってるカード」「相手の貼ったシークレットの現在候補」などをオーバーレイ表示してくれるツールです。
相手の使用したカードが何枚目か、コイン使ったかどうかって結構うっかり忘れますし、自分で使ったフロストボルトが何枚目だったか、また相手のシークレットがどれがどれだか、なんて結構覚えておくの手間ですよね。
そういう時に便利なツールです。

・まずはDL
こちらのサイトからダウンロードします。
画面左「Latest release」を押して最新版の確認をしておくといいかもしれません。
画面下「Downloads」の下、「Hearthstone.Deck.Tracker-v0.13.3.zip」をダウンロードし、解凍します。
レジストリ汚さないで済むのが嬉しいですね。

・起動してみる
Hearthstone Deck Tracker.exeを起動するとこんな画面が出ます。これは海外サイト「HearthStats」へのログイン画面のようです。
HDT初期
continue as guestを押すと英語で「このサイト登録するとこんなメリットあるよ? 登録しないの?」と言われます。
ツールを使うだけなら登録しなくても使えるようですが、開発側にデータ集積のメリットもありますので個人的にはRegisterから登録をおすすめします。
特に迷惑メールが来た覚えはなく、またハースストーンと違うメールアドレスでも構わないようです。

・初期設定
日本語対応

これだけです。なお、これはハースストーンを日本語でプレイしている人の設定です。英語だったらEnglishになるんだと思います。
ちなみにカード名なんかは日本語に対応しますが、このツールそのものはこの設定をしても英語のままです。残念。
これが終わったらこのツールを必ず再起動します。

・使ってみる
起動したらこんな感じにサイコロとかカードのマークが出ると思います。出てなかったらセキュリティソフトか何かが悪さしてるんで諦めましょう。
起動時

ここで無事オーバーレイ表示を確認できたら次に進みましょう。
オーバーレイ表示できなかったらまあなんだ、頑張れ。

・デッキ取り込み
後はもうNewDeckやらで自前でデッキ作ったっていいんですが、特に便利な機能であるデッキ取り込み機能を紹介したいと思います。
これはハースストーンからデッキを直接取り込むと言う機能です。
が、これがなんかうっかり初期設定間違えると全然機能しなくて泣きたくなります。僕は泣いた。
画面上、「IMPORT」からFROM:Game CONSTRUCTED(Beta)をクリックします。すると一番最初にクリックした時はこんな感じの画面が出ます。
1.jpg

うっかりスクリーンショットを撮りそこねたのであれですが、ここで「Start」を押した後、
1.ハースストーン側でメインメニュー(プレイ、アドベンチャー、闘技場、酒場、ショップコレクションその他を選べるところ)を開いた状態で、ツール側でcontinueを押す。
2.ハースストーン側でメインメニューからコレクションに入り、「デッキを開かず」「現在選択しているページがいずれかのヒーローのカードのもので」「1ページめである」状態で、ツール側でcontinueを押す。

以上を行います。2.に関しては通常はドルイドの1ページ目が表示されているはずです。
ここまでがデッキを取り込む際の初期設定です。最初に一回やればいいはず。

デッキを取り込むため、次にハースストーン側でメインメニューに戻ります。そして、コレクションから取り込みたいデッキを選択し、そのままメインメニューにまっすぐ戻ります。この間、カードを操作したり、コレクションを見たりページをめくったりしてはいけないようです。
そうしたら先ほど初期設定をするために押した「IMPORT」からFROM:Game CONSTRUCTED(Beta)をクリックすると、デッキリストがツール側に登録されることと思います。
但し、「ピン投のカードも二枚になっている」「ちょくちょくカード間違えてる」などの不具合がありますので、適宜修正してください。
修正が終わったらSaveを押して保存しましょう。

デッキ

後はゲームをする前に使用するデッキのところで右クリックをして、USEDeckを押しておきましょう。
画像はすでにActiveになっているデッキを右クリックしていますが、そうでないデッキを右クリックすると右クリックメニュー一番上に出ます。
デッキの横のUSEの表示がActiveになったら成功です。

後はランク戦でも行くとなんとなくお仕事してくれるのがわかると思います。

#dreadtcg 黒黒試したことのメモ

パーティ環境なのでトップメタだと思ってるあれとかそれとか踏んだら負けで問題ないって理屈なので普通の大会で回すと余裕で負けます。

1.4コススペル頑張って唱えるタイプ

CA
レオナ・メリタ
大堂 ヴォルフ

Lサイズ 4
アンドレアルファス*4

Mサイズ 11
ゴモリー*2
ベルゼブブ*2
ベルフェゴール*3
ザルクⅡ*4

Sサイズ 15
バーレー*4
ファーネ*4
ケッテ*3
ザルク*4

コード 20
ベルゼブブの魔風*4
アスモデウスの眼光*4
ベリトの闇の鎧*4
マルファスの鳴動*4
バルバトスの魔弾*3
ディスペル*1


ピン投ディスペルは必要な相手に引いたら絶対手放さないでなんとか撃って勝つ枠。
鳴動削ってリリス積もうかと思ったけどドレッドノートパーティ環境でアビ焼き踏んだら潔く死ぬほうが丸い気がしました。

流行りの(?)アンドレアルファス採用型です。実際思ったよりは弱くなかった感じがします。
具体的にはただのSM連携と違ってSが魔風で飛ばされないこと・反響アポロン回避余裕なこと(その場合烈風で即死の別の問題が発生しますが!)など、サイズ170はやっぱそれなりだなーって感じです。
Sバーレー・MザルクⅡ・Lアンドレアルファスの場面は0コスト展開の割にはそれなりに硬いので、余った4コストで眼光や魔弾撃ってボードとライフを荒らして勝て……たらいいなあ。
初手0コス展開に割と命かけてる割にMの0コスが4枚なのは微妙な気がしますがそもそもアンドレアルファス自体4なのでこんなもんでしょうか。
魔弾+バーレーで否応なしにM吹き飛ばすのは割りと楽しい。勝てないけど。



2.匙を投げたタイプ
CA
レオナ・メリタ
大堂 ヴォルフ

Mサイズ 14
ゴモリー*2
ベルゼブブ*4
ベルフェゴール*4
ザルクⅡ*4

Sサイズ 16
バーレー*4
ファーネ*4
ケッテ*4
ザルク*4

コード 20
ベルゼブブの魔風*4
アスモデウスの眼光*4
ベリトの闇の鎧*4
ウコバチの炎の匙*4
バルバトスの魔弾*2
ディスペル*2


ブブ出してM二体に貼って殴ってこなかった方炎の匙したら実質2コス眼光じゃね??????
あんまりうまく使えなかったんで誰かもうちょっと煮詰めといてください。
匙2コス+ベルゼブブ3コスが初手で出ず、アンドレアルファスが強いのは初手だけなので噛み合ってないと思ってるんですが、アンドレアルファス入れないと途端に手札消費が重くなったような錯覚があるので使いづらさこの上ないです。
実際はアンドレアルファスは圧殺したり、アンドレアルファス側守るためにコード撃たされるので言うほどアンドレアルファスはアド取ってるわけでもないんですが。
不思議なもんですね。



両デッキそこそこ試しましたが4コススペル頑張る方が使いやすい感じはすごいします。
どちらにせよレジェンドビースト踏んでも負け、青青ヘラクレス踏んでも不利、黄色は見えたらGGなので相性ゲー感。……相性? 何に勝てるんだこれ?


リリスの闇の宴やレジスト、プロテクあたりを入れればレジェンドビースト相手も微不利くらいで頑張れなくはないんですが、パーティ環境では目の前のキャスターは横が戦ってないキャスターであることから、僕が強デッキ筆頭候補のレジェンドビーストやテオ入り青を踏んで負けるならとっとと負けて横に軽く勝ってもらえばいいだけです。中堅用デッキなので。
そういう意味で苦手な相手はきっちり切り捨てるデッキ持ってくのが丸いとは思ってます。
勝てる相手にきちんと安定して勝つ、が出来たら良かったんですけど4コススペルがディスペルされてggとか、変な黄黄初手で踏んで死、とか嫌すぎるのでやっぱり黒単はお蔵入りルートでした。

#dreadtcg 某SNSで一箱当たりました・その他ドレノ関連の話

某SNSでカードレビュー書くと抽選で一箱上げるよ! ってやつで一箱当たりました。
当たる気しなかったんで正直凄い嬉しいです。
嬉しいついででドレノの話いくつかします。


・ドレノの対戦ツールの話
地味にDL伸びてます。どこかで使われてるんですかね。
開発一時停止してますが、僕のリアルが比較的忙しくなったことに起因します。落ち着いたらまたいろいろいじると思います。
どうでもいいんですがC#わかるひとで開発手伝ってくれる人いたら教えて下さい。

後はブログで管理するのも正直しつこい感じあるのでGitHubか何かの導入を考えています。
それか形だけのWiki作るとか。
いい案あったら誰かなんか教えて下さい。アプリケーションの配布なんてノウハウねーので困ったもんです。

後は存外にお咎めなしであることに驚いています。お咎めなしだからって公にドヤ顔していいものでも決してないですが。
対戦ツールが知られてないのか、知られてても黙認なのかはちょっと気になるところですが聞いたら真っ黒って言われるに決まってるんであくまで非公式のツールということで一つ。
公式にやめろって言われたら即時公開停止の準備はありますので何卒……

作って思ったんですけどやっぱカードゲームは、と言うか事ドレノはリアルのカードでプレイしたほうが全然楽しいゲームなんでみんなツールで調整した後ちゃんとカードショップ行こうな!!


・Wikiの話
「ドレッドノート TCG Wiki」のグーグル検索結果がこれです。
9/9現在、海外Wikiが先に引っかかります。日本語Wikiがないのかと思えばそんなことはなく、
http://www8.atwiki.jp/dorenowiki/
が一応既に存在します。他にもあるかもしんない。
どのTCGでもゲームでも情報を集積するところというのは非常に重要で、こういったWikiが充実していくことが望ましいのですが、現状お世辞にも充実した集合知の置き場所がありません。
ドレッドノートのように構築やプレイングに比重が大きいカードゲームで、そういった要素を語る場が(その上で、同じ匿名でもスレよりはもうちょっと公な場が)少ない・知名度が低いのは残念だなあと感じます。

かといってWiki作る気力も編集する時間もあんまりないのが本音なんでどうしたもんかなあ。
あ、他に現状稼働してるドレノのカードWiki知ってたら教えてください。


・ドレッドノートパーティと二弾デッキの話
チーム組めたので参加申し込みしました。抽選通ってれば参加することになります。
なるんですけどデッキ未定すぎてやべえ。

現状有力なデッキタイプは間違いなく青のヘラクレス絡みでしょう。
しかし、ドレッドノートパーティにおいては3人チームでキャスターかぶりが禁止されています。
ヘラクレスを使うのにキャスターがいないのもなんなので、多くの場合は3人チームのうち一人しかヘラクレスを使えないことになります。
この上で、チームメンバーに既に一人ヘラクレスを使いたい人がいるので僕は他からデッキを選択することになります。
……でも他のデッキ強いのあるかー???

想定されるデッキは以下の通りです:
・赤の牛頭絡み。覚醒キャンセル握ってヘラクレスに突っ張れることを強みにする。
・黄色の自転車先行絡み。 カルケティーヤの打点で押しつぶす。
・青のヘラクレス絡み。現実は非常である。キャスターいなくてもヘラクレス使う方がいい。

衰弱メタが出て、うっかり踏めば負けてしまうことから、黒デッキは有力でないと考えています。
黒黒は間違いなく強いんですが、衰弱の対策をされてる黄黄踏んで負けた、とかはあんまり好きではないので。
そうなると大きく分けて「ヘラクレスをメタるか」「キャスターなしでヘラクレスを使うか」になるんじゃないかと思います。
もしくはヘラクレスデッキ使いと当たらないことを祈ってヘラクレス以外のデッキに強いデッキ持ち込むかですね。

この辺環境読みと構築練る必要があるのでとんでもなく難しい状態です。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。