雑記

メモ書き・備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#幻想人形演舞 第三回勝ちたい窓主催大会終わりました

7戦3h20minでした。皆々様迅速な進行にご協力いただきありがとうございました。
32人規模の大会は(嫁杯は形式が特殊だからともかく)非公式大会としては最大規模のものだったと思います。
しかしながら、反省点や改善すべき点が多々見つかりました。それらについて書き残しておこうと思います。

大会の詳細はこちら


1.スイスドローツールについて。
大会中僕がやらかした事案になります。誠に申し訳ございませんでした。

スイスドローツールによって組み分けを行った直後にリロードすると組み分けを再度してしまう(しかも元に戻せない)ことにより、一度対戦中に組み分けのデータを崩してしまうことになりました。
大会のデータを作り直し、進行中のデータをすべて手打ちで入力することにより、結果的には正しい大会のデータとなりましたが、運営側が一番やってはいけないことをやってしまったと思います。

また、入力ミスにより本来勝利できているはずのプレイヤーが後から入力ミスに気付き、元に戻せないために敗北扱いとなる事案が発生しました。
こちらについては入力までが勝者の責任だと考えておりますので、間違った判断を下したと思ってはいませんが、同時に不慣れなツールを使わせてしまったことによる失態であるのかな、と感じております。
スイスドローのツールの操作の説明を細かく行う枠を取っても良かったかもしれません。


2.スイスドローについて。
今のところ好評を頂いているかな、と言う感じです。
ダブルエリミネーション方式などのいわゆるトーナメント制と違い、より実力が反映されやすい形式となっております。ガチ向けの大会としては非常によい環境だった、とのお声を頂いております。
また、直前まで対戦相手がわからないのが面白い、と言う意見も頂きました。盲点でした。

当初は「集計まで考えたら時間かかりすぎて絶対終わらない」などと煽られましたがツールが優秀な事、参加者各位が非常に協力的だった事もあって3時間ちょっとであっさり全試合終了しました。
トラブルを起こしてしまった事案はともかくとして、「予選スイスドロー、決勝トーナメント制」でも4時間以内に十分終わる見込みの前例を作れたことは良いことだと考えております。

ただしいいことばかりではありませんでした。
スイスドローのシステムを知らなかった方々、またオポーネント差で同じ勝利点を持っているのに決勝に上がれなかった事は一見すると不公平感につながってしまったかと思います。

スイスドローでは「同じ1敗ならより弱い相手に負けた1敗のほうが遥かに痛い敗北だ」「同じ1勝ならより強い相手に勝ってきたほうが価値ある一勝だ」と言う考え方を採用しています。
それらの考え方に則れば非常に合理的に、実力通りに8位までを選出出来たのですが、この当たりのルールをもう少し徹底して周知すべきだと感じました。


3.規模について
多すぎた、これに尽きます。
進行は主に僕、データ面の集計その他はらすとんさんにお願いしましたが、らすとんさんが悲鳴をあげてました。僕も中々きつかったです。
氏に至っては32人規模の大会は二度とやりたくない、レベルの忙しさだったそうです。この規模では二人で主催やっちゃあかんのだな……と言ういい経験になったと思います。

人が倍になるとトラブル倍になりますからね。仕方ないね。
ユキって文字列が含まれる参加者三人とかね。もうね。僕だって見間違える。

4.独自ツール「PrismRiver」について
なんかみんな動いたみたいなんですけどホントかー???
テキストファイルとリプレイの受信だけでも死ねる作業だそうなので、これが画像やチャットなどでの申告を集計する作業だったら多分途中で放り投げてると思います。作ってよかった。
ただなんか参加者32人なのに64bit32bit合計のDL70近くあるんですよね。何が起きた?
僕からのサポートは保証しませんが、勝手に使って頂く分には自由なのでよろしければ使ってやってください。
……解析ツールがこの記事書いた時点だと未実装ですけど。


5.開発陣の参加について
じゃじゃおさんユキトモさんありがとうございました。この規模の大会になったのと迅速な進行になったのはだいたいじゃじゃおさんとユキトモさんのおかげです。
あの人が出血観察日記様で配信するだけで大会枠埋まるんでもう次もじゃじゃおさんが参加するしないに関わらず宣伝お願いしたらいいんじゃねーのって思いました。それくらい圧倒的でした。

非公式大会ながら両名のおかげでいい感じに盛り上がったので特にお礼を申し上げておきたいところです。
勿論他の参加者さんにも進行ご協力頂いてるので感謝しかないわけですが。


6.次回
いい加減僕主催やりたくないです
7/18土曜日! 今回参加できなかった人もよろしくな!
主催者募集中です
スポンサーサイト

#幻想人形演舞 大会関連とかあれこれとかツールとか

6/20大会目前ってことでツールその他の公開です。
ブログでだけ公開するのもPV稼ぎみたいでなんなので、大会Wikiのほう(リンク)に乗っけてあります。
サポートはコメントで書かれても反応遅いと思います。TwitterかSkypeでお願いします。
多分readmeにどっちかは書いてある……はず……


今回から主催が僕だけではなくらすとんさん(氏のブログリンク)と二人で開催と言う形になると思います。多分僕も仕事はしますが形式的には主催あっち一人ってくらいのアレです。
僕個人も毎回主催が出来る暇があるかわかんないですし、出来る人が多いに越したことはないですしね。
徐々に僕以外に全部丸投げ出来るようにシフトしたいところです。

今回の大会からKP報告ツール・集計ツールの導入を行います。

こちらはらすとん氏と僕がそれぞれ開発したもので、今までの「ぶっちゃけKPって報告面倒じゃね?」「かと言って報告形式楽にすると主催がカウント死なねえ?」と言う懸念を解消することを意図したものです。

報告ツール「lunasa」は形式にしたがってKP集計ツールへと渡すtxtファイルを生成します。これらを主催がtxtファイルで受け取り、集計ツール「Wriggle」で解析することにより、自動的にKPが出力されるものです。
「Wriggle」のほうはどうなるかわかりませんが、「lunasa」のほうは大会終了後フリー公開にする予定なので、今後の勝ちたい窓大会や、それ以外の僕の関与しない大会でも使用していただければなと思っております。

でも「Wriggle」が非公開だったら意味ねーけどな!


開発の意図はいくつかありますが、最も大きいのは「主催の負担が大きいことを常態化すべきではない」と言うところにあります。
主催といえどただ同じゲームで遊びたいだけの人なのにあんまり負担が大きいイメージばかり先行してしまうと、今後気軽に非公式大会が行われない懸念があります。

僕達が苦労するのは実に楽で勝手でいいんですが、そういう僕達を見て「主催ってあんな大変なんだ……」って尻込みされるだとか、「他の大会ではあんなに主催が大変そうだった」みたいに言う参加者が出てきてしまうと僕が出る大会がなくなるわけです。なので、主催って対して苦労しないぜ―wwwくらいのノリを心がけていきたいわけです。

しかしそんな中でもKP集計は僕の中で外せない要素でした。が、集計は大変なので前者の心がけと反します。なのでツールを開発することで、ツールを使えば誰でも同じ事が出来る状態を作ってしまうことでこれを解決しました。
結果としてらすとん氏には迷惑になってる感じすごいのでこの場で謝罪しておきます。

実際プログラムの開発とか出来なくても主催出来るからな! 僕を踏み台にして主催してくれな!




早いもので4月からの定例大会も三回(+突発大会1回)目となりました。
幻想人形演舞発売から半年、人口も今では半分以下となっていて、流石に勢いの衰えを感じています。
しかしながら、大会のように定期的に遊ぶ場があることで、僅かでも勢いを繋ぐ事が出来ればな、と思っております。
って言うか増えてくれるといいんですけど中々難しいか。



ともあれガチ目の大会の開催となってますが、「非公式大会別に開催大変じゃないぞ!」って言うのと、「ガチだからって尻込みしないで遊びに来てね!」って部分は気に留めて置いていただけると嬉しいです。

参加者生えろ。

#幻想人形演舞 第二回勝ちたい窓主催大会結果報告

第二階

今回は忙しくて全然宣伝出来なかったので土下座しますすいませんでした。
16埋まらない大会はカッコつかねーなーって感じですね!
ともあれ参加いただいた方はありがとうございました。

優勝は勝ちたい窓外のトモゾウさんでした。おめでとうございます。
勝ちたい窓勢頑張って?



閑話休題。
毎月第三週土曜日は演舞の大会の日、みたいな風潮作りたいなーというのがありまして。
勝ちたい窓主催か、僕がやってるか、あるいは僕がやってないかはわかんないんですけど、何らかの形で続いて行ったらなーと思います。
次は6/20で開催すると思うので、なんとなく覚えておいて参加してもらえると嬉しいと思っております。
次回は宣伝その他の時間……とれたら……いいな……。

#幻想人形演舞 PT構築:受けループ的な何か




公式大会で殆ど使わず終わり、暇人大会で遅延しまくり、SUWAKOで相手の時間を削りとった良くないPTです。
ぶっちゃけ中身はもう載せたようなあれで全部終わってるんですが個別に技の採用理由をメモっておきます。



・Dオレンジ
1.フラッシュオーバー
ポイズントラップが刺さらない相手に定数を盛るため。ポイトラ撒ければミアズマは必要ない。
2.応急手当
必須
3.森林浴
ほかが食らった衰弱を直す仕事と、Sうつほが撒いてくるやけどを対面から引かずにケアするため
4,物理壁
HB特化Bオレンジは壁下で壁のないHBアリスと大体同じ硬さ
抜群物理をアリスで受けたり等倍物理をオレンジで受けたり


・Dアリス
1.廻ル幻想
遂行技 アリスでなければ受け切らない無物理はそんなにいないので切ります
2.応急手当
必須
3.甘い悪夢
特殊アタッカーに当ててオレンジの仕事を楽にしたりアリスで無理やり特殊受けたり
4.スマッシュスピン
撃たれたらゲームエンドのポイズントラップを被害最小限で弾く(Dアリスは鋼のため毒を踏まない)ために必須
地味にステトラも半減でそんなに痛くない 殆ど使わないけど使うときに絶対必須な技


・Dよしか
技全部必須
どうしてもならラヴォルペインを打点ではなく追加効果狙いの技にするくらい
地味にH64だけのDむらさが乱数で飛ぶのがラヴォルペイン強いんじゃないかなって


・Pゆめみ
1.位相反転
積みATにサイクル崩されると死ぬので必須
2.氷獄 3.インフェルノ
割りと何でもいいんだけど通りのいい水炎の範囲
フラッシュオーバー覚えたらよかったのにって死ぬまで言い続ける
4.アプビ(or迅雷)
迅雷との選択 アプビがあるとD霊夢が楽な気配を感じてた



・Pあや
藁人形のが相手出来る範囲実は広い
朱雀撃つやつに対して軒並み強い技構成
アプビ切ってストライクショットだったり藁人形だったり割りと変わってる
受けループと見せかけてあやが最後に全抜きパターンがまれによくある 解せぬ


Dパチュリー
1。2.攻撃技
命中安定技でPP増やすといい サンダーフォースPP15でPP戦に強い
3.月の加護
同種の受けループに対して積みで突破したいため
4.コンテニュー
同種の受けループのダメージソースを地球投げか定数ダメと見積もってるため素眠りが間に合う
状態異常も治る 衰弱はまあ、うん
素眠りすると二回動かなくて済むのでPP戦に強い



受けループの苦手な積みエースを鋼・炎はPゆめみ、それ以外を大雑把に慧眼Dパチュリーで見て対策をした形になります。
ここに一貫取られる積みが軽く死ぬけどあんまり絶対数いないのでこれで妥協しました。
一撃必殺(って言うか一撃持ってるDしんみょうまる)とこだわりトレは受けループである以上対策無理ゲーなので諦めました。なんか思いついたら教えて下さい。
甘い悪夢や壁の存在で比較的破滅の声や火力があんまりない両刀には強くなったんじゃないかと思います。

相手の所謂変則戦術に対しては飽きるまで交換して相手のPP枯らせば勝てます。
はやりのやけまもうつほも5回天明の大火受けたらあと攻撃技大したことないので大体勝てます。
みがわりD霊夢もジャストエイムなくなってどうせ大したことできないのでPP切れるまで眺めてれば割りと勝てます。
Sしずはもドレシ以外に大したことしないので飽きるまで交換すれば勝てます。
催眠は割りと死ぬので頑張って寝ながら受けましょう。
受けループ回すときは相手のPPをメモしましょう。HP削れなくてもPP全部削れば相手が勝手に死にます。

#幻想人形演舞 暇人大会結果報告

当日18:40から人集め始めて21:00までに16人埋まった。
なんだこれ。

tournament.png

こんな感じの結果でした。papasさん対システマーさんはシステマーさんが一本取った後諸事情(受け合戦で超長時間になるのが容易に予想できた)により「今二人1-1だから引き分けでいいよね……」ということでダブル優勝になりました。

突発大会だからTODの規定とかあんまり考えてなかったんだ! ごめんな!
今後こういうことがないようにしっかり非公式大会運営していくようにするのでみんな積極的に受けループ使おうな!





開催者としてはやっぱり開催しながら参加するのってあんまりよくないなあ、って言うのと案外当日からでも人って集まるなって言うのが収穫でした。
勿論前準備出来てないのでKPなんかはないし、後から眺めて得られるものはなかったんですけど、これはこれで楽しかったのでまたあ気が向いたらやろうかなーとか思います。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。