雑記

メモ書き・備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#dreadtcg 50枚デッキの場合の確率的なメモⅡ

記事のサイズがMサイズになりました。多分BPも30くらい上がってます。
中身のテキストは強くなってません。デッキ構築してる時の計算が溜まってきたので纏めてメモにしておきます。
小数点以下は適当に切り捨てたり切り上げたりしてます。ざっくり1%は誤差あるってことで。

例によってスピードカードは考慮しません。あいつらスピードバーンで落ちる(落とされる・落とす)ので当てにしてはいけない。
ついでに「HPやバーストに埋まる事があるんだから計算に意味が無い」ってツッコミを頂きましたが、HPやバーストに埋まる事と、デッキボトムに埋まってることはそれぞれ(初手に限れば)等価値なので、計算上は逐一埋まってる確率を考慮する必要はないことを念のため述べておきます。

1.初手で任意の二枚のコンボが成立する確率
たいていは魔風(雷火)アポロン構えたい時の話です。


・4:4投入からマリガン込みで引く時
マリガンなし+先行1ドロー合計8ドロー:24%
マリガンなし+後攻2ドロー合計9ドロー:30%
マリガン込み10ドロー(先行2切り・後攻1切り):35%
マリガン込み11ドロー(先行3切り・後攻2切り):40%
マリガン込み12ドロー(先行4切り・後攻3切り):45%

ざっくり1ドローで5%確率が伸びます。
ここから片方を1枚削った場合の計算を考えます。

・4:3投入で引く時
8ドロー:20%
9ドロー:24%
10ドロー:28%
11ドロー:33%
12ドロー:37%

1ドローごとに大体4%変動します。大雑把に10%ないくらいは初手率落ちるよ! くらいで覚えとくといいんじゃないでしょうか。

しかし実際には「初手にアポロンも魔風もねーから出来る限り最大マリガンするわw」となる機会ってあんまないんじゃないかと思います。
そこでもう少し実践的に、「片方引けた。で、もう片方ってどれくらいで引けるの?」ってことを考えようと思います。

・残り4枚のカードを43枚残りのデッキからドローで引いてくる確率
1ドロー:9%
2ドロー:18%
3ドロー(後攻1マリガン):26%
4ドロー:33%
5ドロー:40%

ユニット三枚と片方を抱えて残り3マリガンからでも4割引いてこれます。いい感じですね。

要するに4:4投入の魔風アポロンは大体初手から4割近い確率で飛んでくるってことです。
青黒が初手3コスト残してたら4割は魔風アポロンです。警戒しましょう。
警戒してもどうにもならない? 知らんがな(´・ω・`)


2.手札にないMを次ドローで引いてくる確率
Twitter上で「通りやすい初手で烈風撃ってM飛ばして相手がM引きにゴッドドローすることでゲームの流れを取りたい」という趣旨の発言を確率計算の面から補強した物です。

前提:M14構成 初手で相手はSSMM残りコード 相手は初手マリガン3枚+スピードバーン発生なし、2ターン両方後攻を取る
つまり初手7+マリガン3+後攻2+スピード2で14枚削れた36枚のデッキの中に、ドロー2枚で残り12枚あるMを引いてこれんの? って計算です.

・M引きたい時
1ドロー:38%
2ドロー:63%
3ドロー:78%
4ドロー:87%

大体37%で狙い通りに相手がゴッドドローしてくれます。
初手でMを余分に抱えてる確率を考慮するともうちょっと確率が落ちるでしょうか。
僕は3割も相手事故るの? マジで? じゃあつえーわ、と思いますけどほんとに強いかは各々にお任せいたします。


3.初手でSSMMと事故らないための投入比
実際にSとMのどちらを多く投入すべきか、と言う事項には目をつぶり、「二種類のカードを最低2枚づつセットで引いてきたい、それぞれ何枚づつくらいだと大体どれくらいで引けるのか」と言う確率になります。
青黒で一般的な比率に近いと思われる14:14を基準に調整していきます。

12ドローが3マリガンのラインなので、ラス1引きたい+コード一枚は抱えたいみたいな感じで一番多そうなラインです。
一応事故向けに4マリガン=13ドローまで考慮します。
また7ドロー(マリガン前)も考慮します。その場合はいらないコードを捨ててコンボ成立や手札の改善を測るアレそれになると思うので理想の初手です。

・14:14
7ドロー:36%
8ドロー:49%
9ドロー:60%
10ドロー:70%
11ドロー:78%
12ドロー:84%
13ドロー:89%

14:14だと結構事故りますね。
4マリガンでも11%事故というと、6試合もすれば5割で一回は事故ります。
初手で事故ったら挽回が厳しいゲームで11%事故はそんなに許容したくないですね。

・16:16
7ドロー:49%
8ドロー:62%
9ドロー:73%
10ドロー:81%
11ドロー:87%
12ドロー:91%
13ドロー:94%

安心感すげえ。ただコードが18枚しか入らないのがネックですね。
そもそも16枚(=4種類)有用なユニット揃えるのが大変な色もあるかもしれない。

・15:15
7ドロー:42%
8ドロー:55%
9ドロー:67%
10ドロー:76%
11ドロー:83%
12ドロー:88%
13ドロー:92%

こちらも中々ですがあまり初手のマリガンを甘えられない。
初手でせっかく引いたコードを捨てるのも勿体ないのが嫌なところです。

・15:16
超安定してる16:16からSかMをどちらか一枚削る場合。
7ドロー:45%
8ドロー:58%
9ドロー:70%
10ドロー:78%
11ドロー:85%
12ドロー:90%
13ドロー:93%

……このゲーム削れても15:15までなんじゃないかなあ。

・4マリガンする場合の初手SSMM確率
14:14……89%
15:15……92%
15:16……93%
16:16……94%

これを元に、スイスドロー4回戦で事故る確率を考えます。
事故回避の為にすべてのプレイヤーは4枚マリガンするとします。
14:14……38%
15:15……29%
15:16……26%
16:16……22%

15:15でも三割事故ります。
実際にはSSMM並べられなくてもSSSMでなんとかなるとか、ゲルダちゃんでダミー起こしてみたりだとか、この確率で絶対負けるわけではないですが、それでも14:14の事故率は半端ない気がしますね。
かと言って、青黒後攻からコードを減らし、先行を取り損ねてしまえばそれは事故です。
考えたくねえ。

スポンサーサイト

#幻想人形演舞 第三回勝ちたい窓主催大会終わりました

7戦3h20minでした。皆々様迅速な進行にご協力いただきありがとうございました。
32人規模の大会は(嫁杯は形式が特殊だからともかく)非公式大会としては最大規模のものだったと思います。
しかしながら、反省点や改善すべき点が多々見つかりました。それらについて書き残しておこうと思います。

大会の詳細はこちら


1.スイスドローツールについて。
大会中僕がやらかした事案になります。誠に申し訳ございませんでした。

スイスドローツールによって組み分けを行った直後にリロードすると組み分けを再度してしまう(しかも元に戻せない)ことにより、一度対戦中に組み分けのデータを崩してしまうことになりました。
大会のデータを作り直し、進行中のデータをすべて手打ちで入力することにより、結果的には正しい大会のデータとなりましたが、運営側が一番やってはいけないことをやってしまったと思います。

また、入力ミスにより本来勝利できているはずのプレイヤーが後から入力ミスに気付き、元に戻せないために敗北扱いとなる事案が発生しました。
こちらについては入力までが勝者の責任だと考えておりますので、間違った判断を下したと思ってはいませんが、同時に不慣れなツールを使わせてしまったことによる失態であるのかな、と感じております。
スイスドローのツールの操作の説明を細かく行う枠を取っても良かったかもしれません。


2.スイスドローについて。
今のところ好評を頂いているかな、と言う感じです。
ダブルエリミネーション方式などのいわゆるトーナメント制と違い、より実力が反映されやすい形式となっております。ガチ向けの大会としては非常によい環境だった、とのお声を頂いております。
また、直前まで対戦相手がわからないのが面白い、と言う意見も頂きました。盲点でした。

当初は「集計まで考えたら時間かかりすぎて絶対終わらない」などと煽られましたがツールが優秀な事、参加者各位が非常に協力的だった事もあって3時間ちょっとであっさり全試合終了しました。
トラブルを起こしてしまった事案はともかくとして、「予選スイスドロー、決勝トーナメント制」でも4時間以内に十分終わる見込みの前例を作れたことは良いことだと考えております。

ただしいいことばかりではありませんでした。
スイスドローのシステムを知らなかった方々、またオポーネント差で同じ勝利点を持っているのに決勝に上がれなかった事は一見すると不公平感につながってしまったかと思います。

スイスドローでは「同じ1敗ならより弱い相手に負けた1敗のほうが遥かに痛い敗北だ」「同じ1勝ならより強い相手に勝ってきたほうが価値ある一勝だ」と言う考え方を採用しています。
それらの考え方に則れば非常に合理的に、実力通りに8位までを選出出来たのですが、この当たりのルールをもう少し徹底して周知すべきだと感じました。


3.規模について
多すぎた、これに尽きます。
進行は主に僕、データ面の集計その他はらすとんさんにお願いしましたが、らすとんさんが悲鳴をあげてました。僕も中々きつかったです。
氏に至っては32人規模の大会は二度とやりたくない、レベルの忙しさだったそうです。この規模では二人で主催やっちゃあかんのだな……と言ういい経験になったと思います。

人が倍になるとトラブル倍になりますからね。仕方ないね。
ユキって文字列が含まれる参加者三人とかね。もうね。僕だって見間違える。

4.独自ツール「PrismRiver」について
なんかみんな動いたみたいなんですけどホントかー???
テキストファイルとリプレイの受信だけでも死ねる作業だそうなので、これが画像やチャットなどでの申告を集計する作業だったら多分途中で放り投げてると思います。作ってよかった。
ただなんか参加者32人なのに64bit32bit合計のDL70近くあるんですよね。何が起きた?
僕からのサポートは保証しませんが、勝手に使って頂く分には自由なのでよろしければ使ってやってください。
……解析ツールがこの記事書いた時点だと未実装ですけど。


5.開発陣の参加について
じゃじゃおさんユキトモさんありがとうございました。この規模の大会になったのと迅速な進行になったのはだいたいじゃじゃおさんとユキトモさんのおかげです。
あの人が出血観察日記様で配信するだけで大会枠埋まるんでもう次もじゃじゃおさんが参加するしないに関わらず宣伝お願いしたらいいんじゃねーのって思いました。それくらい圧倒的でした。

非公式大会ながら両名のおかげでいい感じに盛り上がったので特にお礼を申し上げておきたいところです。
勿論他の参加者さんにも進行ご協力頂いてるので感謝しかないわけですが。


6.次回
いい加減僕主催やりたくないです
7/18土曜日! 今回参加できなかった人もよろしくな!
主催者募集中です

#dreadtcg 青黒後攻でマリガンする時の確率

青黒後攻デッキに限った話なので記事を分けました。デッキ構築が変わったら計算し直すと思います。

現在使っている青黒は僕が下手なのを鑑みてもマリガンが難しいと感じています。構築上、後攻タイプのミラーデッキ戦で後攻を奪いに行くため全力でユニットを削っているせいで、マリガンでコードを切ってユニットを引く必要に迫られる事が非常に多いためです。
構築が悪い感じはしますがとりあえずは現状のデッキをモデルケースに確率計算をしていきます。


デッキ構築はS14・M14・コード26とし、初手7+後攻ドロー2=9枚の手札を最低S2・M2、残りコードに近づけることを目標とします。
また、マリガンでは優先してコードは切れるだけ切るケースを考えます。ユニット引けないと話にならないですしね!

Sユニットは一枚はほぼ死んでしまうの確定なのでSは3枚引きたいところ、そもそもユニットすべてノーコストで並べたところでコード1コストで撃っても四枚までしか撃てないので5枚以降は初手においては過剰です。が計算面倒なので諦めました。



■初手にユニットMもしくはSどちらかだけが足りない場合、最低限不足分引くための確率

・1枚足りない場合(残りデッキ43、残り欲しいユニット13、マリガン4まで)

マリガン1……30%→2ドロー後67%
マリガン2……52%→2ドロー後77%
マリガン3……67%→2ドロー後85%
マリガン4……77%→2ドロー後90%


・一枚も引いてない場合(残りデッキ43、欲しいユニット14、マリガン5まで)

マリガン1……0%→2ドロー後24%
マリガン2……10%→2ドロー後39%
マリガン3……24%→2ドロー後53%
マリガン4……39%→2ドロー後64%
マリガン5……53%→2ドロー後74%


例えばMユニットを引けていない場合、確率的にはSユニット以外を抱えるのは例えそれが相手にどれだけ刺さるカードでも、同名覚醒でもMユニットを2枚引ける確率を1枚余計に抱えるごとに10%ちょっと確率を落とすので悪手です。
そもそも並ばないとゲームにならないので、ディスペル抱えるために初手で抱えるのは慎重になりたいところです。
いや抱えたいんですけどね。
ユニットを削ると初手のマリガンが非常に厳しくなる実感はありましたが、ここまで甘えられないとなるとちょっと構築考えないといけないですね。



■初手でSユニット一枚を見送りMユニットを引きに行き、Sユニットを追加で引けなかった場合の2ターン目
5マリガン後として38枚デッキ・Sユニット11残りの場合2ターン目2ドローでSユニットを一枚は引けるのかどうかって話の場合です

・2ドロー(素引き)……50%
・+ゴッドドロー1枚……65%
・+ゴッドドロー2枚……76%
・+ゴッドドロー3枚……83%


こちらも相当厳しいですね。外したらMがでなくなる63%のギャンブルと外したらSがダミーになる50%~のギャンブルとどっちがいいのかなーって感じですがだいたい後者で甘える気がします。
どっちも厳しいんですけどね。

#dreadtcg 50枚デッキの場合の確率的なメモ

毎回計算すりゃいいだけの話なんですけどだるいので纏めておきます。

1:.Mユニット(Sユニット)は最低でも初手に2枚引いてないと話にならないので、こいつらを何投するのがいいのかって話
表記は最低二枚引く場合のだいたいの確率。
これを参考に極限までユニットを削りたい場合どこまで削ってコード突っ込めるのかを考えます。
実際にはここに加えてスピードカードを手札として扱えますがスピードカードはスピードバーン起きたり引きたくないタイミングで見えてギアチェンジする(後攻取りたいのにS見えた・先行取りたいのにコード見えた)ことで使えない事もあるので考慮に入れません。
ただしマリガンは本来作為的に出来るので、手札を見てから残り43枚から目当てを引くために切るカードを増やす増やさないって話を考えると厳密にはあんまりあてにならない数値です。
80%前後をのせてあります。


・マリガンなし+先行1ドロー合計8ドロー
12投……62%
14投……72%
16投……80%
18投……86%
20投……91%


・マリガンなし+後攻2ドロー合計9ドロー
14投……79%
16投……86%
18投……91%


・マリガン込み10ドロー(先行2切り・後攻1切り)
10投……65%
12投……76%
14投……84%
16投……90%


・マリガン込み11ドロー(先行3切り・後攻2切り)
10投……71%
12投……81%
14投……88%
16投……93%


・マリガン込み12ドロー(先行4切り・後攻3切り)
10投……76%
12投……85%
14投……92%
16投……95%




ハンドをユニット三枚抱えて@1を引きたい場合マリガン4枚まで、実際には同名覚醒の温存やコードの温存を考えると4枚マリガンも相当厳しいでしょう。
特にコードを積みたい青黒(後攻を取る)でもまあ3枚以上切れるハンドは珍しいのでは。

最低でもMは3種4投の12、使い捨てるならSは14積んでユニット数26コード24までが感覚的にはギリギリのラインですかね。
青黒の場合Mはゴモリーペイモンシルトで12、Sはバーレーザルクシルト+ハルモニア2なんかで基本じゃないでしょうか。
あまり削ってもマリガンが難しくなりますし、切ったカードは手札にある確率が下がるという情報が相手に伝わってしまうので困りどころです。



2:特定の4投カードを1枚引いてくる確率

・初手絡み(デッキ50枚残りから引いてくる)
7ドロー……46%
8ドロー……51%
9ドロー……56%
10ドロー……60%
11ドロー……64%
12ドロー……67%
16ドロー(手札すべてマリガンして後攻取った)……79%


・ゴッドドロー一回で残り4枚の解決札を引きたい
デッキ枚数50枚から公開情報となっているカードすべてを引いた枚数からドローしてくる場合で考えます
少なくとも初手で10枚前後捲れてるはずなので40から5刻み

残り40枚……10%
残り35枚……11%
残り30枚……13%
残り25枚……16%
残り20枚……20%


・ゴッドドロー一回で同名覚醒を引いて解決したい(残り3枚)
上と一緒
残り40枚……7%
残り35枚……8%
残り30枚……10%
残り25枚……12%
残り20枚……15%



・まとめ
ゴッドドローでトップ解決なんて出来ないので夢見て頼り切りのプレイしないようにしましょう
ユニットのMSは最低でも12ずつは入れときましょう


……いや大体の人がわかってる話だとは思うんですが確率的にもそんな感じだよなあ、と言うメモ書きです。

MOBなりの勝ち方

思いついた順に書くので箇条書きで。
















・出されたカードは可能な限り覚える。特にドロー2とドロー4は数えて今残り何枚あるのか、手札1枚につき何%でドローカードなのかをカウンティングする。

・ドロー連鎖は手元まで戻ってこなければ周りがすべてドロー2を使う(=次撃たれなくなる)のでアド。手札が多い(ドローを持っている)相手には積極的に撃ちこんで手札からドローを枯らす。

・リバース即打ちは悪手。右回りと左回り、どちらが自分に取って有利かを見極めて悪い方になったら出来るだけ早めに切り替える。具体的には手札が多い奴が自分の前にいるのは悪手。

・ペアは一気に上がる為に抱える。ペア出さないといけないくらいならドローする。本物のUNOなら違反ドローはチャレンジ食らうと死ぬけどNETUNOにはその制度はないので基本ドローはアド

・自分の手札が上がれそうにないバラバラの数字+ワイルドなんかだったらドロー飛んでくる前に他人を上がらせて被害を最小限に食い止めることも考える。

・真にゴミ札はスキップなので抱えず即切りましょう

・上がり狙いなら数字は単に高いほうから切るのではなく、盤面に残ってるカードから優先して切る。同じ数字で出しやすくするため。

・ダーツアイコンにしろ


おじゃまもの編は帰ってきたら追記します

WarFrame 土星傍受ヌルゲー化について思案

ぶっちゃけMESAMAGFROSTとかMIRAGEで延々四番投げとくんでよくね?ってのはまあそりゃそうなんだけど。
そこまで揃うとドラコやりたくなるし、ドラコやるとDSIしか鍵出ないので……。



下の位置に立つとだいたい全部のコンソールを45mくらいに収めることが出来ます。20mのアビリティをOE+Stretchで235%強化して47mなんで綺麗に収まりますね。

土下座バンシー

いやまあだからなんだって話なんですが試しに土下座バンシーでやってきました。
目標地点は誤爆して張ったやつなのでコンソール位置とか関係ないです。
被弾も少ないしわりあいソロでも優秀です。……毎ラウンドエネルギーギア使うならMIRAGEでよくねー??

PT組むならヌルゲーもクソもなく適当で余裕なんで、ソロでもくそげ出来るのが理想ですね。
そもそもソロだと四カ所抑えるのが既に手間ってのはおいといて……。
経験値稼ぎとしては200キルもしてない事態なんでクソ効率だしどうすっかなー感。
楽にヌルゲーで鍵増やせねーかな―。

#幻想人形演舞 大会関連とかあれこれとかツールとか

6/20大会目前ってことでツールその他の公開です。
ブログでだけ公開するのもPV稼ぎみたいでなんなので、大会Wikiのほう(リンク)に乗っけてあります。
サポートはコメントで書かれても反応遅いと思います。TwitterかSkypeでお願いします。
多分readmeにどっちかは書いてある……はず……


今回から主催が僕だけではなくらすとんさん(氏のブログリンク)と二人で開催と言う形になると思います。多分僕も仕事はしますが形式的には主催あっち一人ってくらいのアレです。
僕個人も毎回主催が出来る暇があるかわかんないですし、出来る人が多いに越したことはないですしね。
徐々に僕以外に全部丸投げ出来るようにシフトしたいところです。

今回の大会からKP報告ツール・集計ツールの導入を行います。

こちらはらすとん氏と僕がそれぞれ開発したもので、今までの「ぶっちゃけKPって報告面倒じゃね?」「かと言って報告形式楽にすると主催がカウント死なねえ?」と言う懸念を解消することを意図したものです。

報告ツール「lunasa」は形式にしたがってKP集計ツールへと渡すtxtファイルを生成します。これらを主催がtxtファイルで受け取り、集計ツール「Wriggle」で解析することにより、自動的にKPが出力されるものです。
「Wriggle」のほうはどうなるかわかりませんが、「lunasa」のほうは大会終了後フリー公開にする予定なので、今後の勝ちたい窓大会や、それ以外の僕の関与しない大会でも使用していただければなと思っております。

でも「Wriggle」が非公開だったら意味ねーけどな!


開発の意図はいくつかありますが、最も大きいのは「主催の負担が大きいことを常態化すべきではない」と言うところにあります。
主催といえどただ同じゲームで遊びたいだけの人なのにあんまり負担が大きいイメージばかり先行してしまうと、今後気軽に非公式大会が行われない懸念があります。

僕達が苦労するのは実に楽で勝手でいいんですが、そういう僕達を見て「主催ってあんな大変なんだ……」って尻込みされるだとか、「他の大会ではあんなに主催が大変そうだった」みたいに言う参加者が出てきてしまうと僕が出る大会がなくなるわけです。なので、主催って対して苦労しないぜ―wwwくらいのノリを心がけていきたいわけです。

しかしそんな中でもKP集計は僕の中で外せない要素でした。が、集計は大変なので前者の心がけと反します。なのでツールを開発することで、ツールを使えば誰でも同じ事が出来る状態を作ってしまうことでこれを解決しました。
結果としてらすとん氏には迷惑になってる感じすごいのでこの場で謝罪しておきます。

実際プログラムの開発とか出来なくても主催出来るからな! 僕を踏み台にして主催してくれな!




早いもので4月からの定例大会も三回(+突発大会1回)目となりました。
幻想人形演舞発売から半年、人口も今では半分以下となっていて、流石に勢いの衰えを感じています。
しかしながら、大会のように定期的に遊ぶ場があることで、僅かでも勢いを繋ぐ事が出来ればな、と思っております。
って言うか増えてくれるといいんですけど中々難しいか。



ともあれガチ目の大会の開催となってますが、「非公式大会別に開催大変じゃないぞ!」って言うのと、「ガチだからって尻込みしないで遊びに来てね!」って部分は気に留めて置いていただけると嬉しいです。

参加者生えろ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。