雑記

メモ書き・備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#dreadtcg 青黒後攻でマリガンする時の確率

青黒後攻デッキに限った話なので記事を分けました。デッキ構築が変わったら計算し直すと思います。

現在使っている青黒は僕が下手なのを鑑みてもマリガンが難しいと感じています。構築上、後攻タイプのミラーデッキ戦で後攻を奪いに行くため全力でユニットを削っているせいで、マリガンでコードを切ってユニットを引く必要に迫られる事が非常に多いためです。
構築が悪い感じはしますがとりあえずは現状のデッキをモデルケースに確率計算をしていきます。


デッキ構築はS14・M14・コード26とし、初手7+後攻ドロー2=9枚の手札を最低S2・M2、残りコードに近づけることを目標とします。
また、マリガンでは優先してコードは切れるだけ切るケースを考えます。ユニット引けないと話にならないですしね!

Sユニットは一枚はほぼ死んでしまうの確定なのでSは3枚引きたいところ、そもそもユニットすべてノーコストで並べたところでコード1コストで撃っても四枚までしか撃てないので5枚以降は初手においては過剰です。が計算面倒なので諦めました。



■初手にユニットMもしくはSどちらかだけが足りない場合、最低限不足分引くための確率

・1枚足りない場合(残りデッキ43、残り欲しいユニット13、マリガン4まで)

マリガン1……30%→2ドロー後67%
マリガン2……52%→2ドロー後77%
マリガン3……67%→2ドロー後85%
マリガン4……77%→2ドロー後90%


・一枚も引いてない場合(残りデッキ43、欲しいユニット14、マリガン5まで)

マリガン1……0%→2ドロー後24%
マリガン2……10%→2ドロー後39%
マリガン3……24%→2ドロー後53%
マリガン4……39%→2ドロー後64%
マリガン5……53%→2ドロー後74%


例えばMユニットを引けていない場合、確率的にはSユニット以外を抱えるのは例えそれが相手にどれだけ刺さるカードでも、同名覚醒でもMユニットを2枚引ける確率を1枚余計に抱えるごとに10%ちょっと確率を落とすので悪手です。
そもそも並ばないとゲームにならないので、ディスペル抱えるために初手で抱えるのは慎重になりたいところです。
いや抱えたいんですけどね。
ユニットを削ると初手のマリガンが非常に厳しくなる実感はありましたが、ここまで甘えられないとなるとちょっと構築考えないといけないですね。



■初手でSユニット一枚を見送りMユニットを引きに行き、Sユニットを追加で引けなかった場合の2ターン目
5マリガン後として38枚デッキ・Sユニット11残りの場合2ターン目2ドローでSユニットを一枚は引けるのかどうかって話の場合です

・2ドロー(素引き)……50%
・+ゴッドドロー1枚……65%
・+ゴッドドロー2枚……76%
・+ゴッドドロー3枚……83%


こちらも相当厳しいですね。外したらMがでなくなる63%のギャンブルと外したらSがダミーになる50%~のギャンブルとどっちがいいのかなーって感じですがだいたい後者で甘える気がします。
どっちも厳しいんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。