雑記

メモ書き・備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#dreadtcg 50枚デッキの場合の確率的なメモⅡ

記事のサイズがMサイズになりました。多分BPも30くらい上がってます。
中身のテキストは強くなってません。デッキ構築してる時の計算が溜まってきたので纏めてメモにしておきます。
小数点以下は適当に切り捨てたり切り上げたりしてます。ざっくり1%は誤差あるってことで。

例によってスピードカードは考慮しません。あいつらスピードバーンで落ちる(落とされる・落とす)ので当てにしてはいけない。
ついでに「HPやバーストに埋まる事があるんだから計算に意味が無い」ってツッコミを頂きましたが、HPやバーストに埋まる事と、デッキボトムに埋まってることはそれぞれ(初手に限れば)等価値なので、計算上は逐一埋まってる確率を考慮する必要はないことを念のため述べておきます。

1.初手で任意の二枚のコンボが成立する確率
たいていは魔風(雷火)アポロン構えたい時の話です。


・4:4投入からマリガン込みで引く時
マリガンなし+先行1ドロー合計8ドロー:24%
マリガンなし+後攻2ドロー合計9ドロー:30%
マリガン込み10ドロー(先行2切り・後攻1切り):35%
マリガン込み11ドロー(先行3切り・後攻2切り):40%
マリガン込み12ドロー(先行4切り・後攻3切り):45%

ざっくり1ドローで5%確率が伸びます。
ここから片方を1枚削った場合の計算を考えます。

・4:3投入で引く時
8ドロー:20%
9ドロー:24%
10ドロー:28%
11ドロー:33%
12ドロー:37%

1ドローごとに大体4%変動します。大雑把に10%ないくらいは初手率落ちるよ! くらいで覚えとくといいんじゃないでしょうか。

しかし実際には「初手にアポロンも魔風もねーから出来る限り最大マリガンするわw」となる機会ってあんまないんじゃないかと思います。
そこでもう少し実践的に、「片方引けた。で、もう片方ってどれくらいで引けるの?」ってことを考えようと思います。

・残り4枚のカードを43枚残りのデッキからドローで引いてくる確率
1ドロー:9%
2ドロー:18%
3ドロー(後攻1マリガン):26%
4ドロー:33%
5ドロー:40%

ユニット三枚と片方を抱えて残り3マリガンからでも4割引いてこれます。いい感じですね。

要するに4:4投入の魔風アポロンは大体初手から4割近い確率で飛んでくるってことです。
青黒が初手3コスト残してたら4割は魔風アポロンです。警戒しましょう。
警戒してもどうにもならない? 知らんがな(´・ω・`)


2.手札にないMを次ドローで引いてくる確率
Twitter上で「通りやすい初手で烈風撃ってM飛ばして相手がM引きにゴッドドローすることでゲームの流れを取りたい」という趣旨の発言を確率計算の面から補強した物です。

前提:M14構成 初手で相手はSSMM残りコード 相手は初手マリガン3枚+スピードバーン発生なし、2ターン両方後攻を取る
つまり初手7+マリガン3+後攻2+スピード2で14枚削れた36枚のデッキの中に、ドロー2枚で残り12枚あるMを引いてこれんの? って計算です.

・M引きたい時
1ドロー:38%
2ドロー:63%
3ドロー:78%
4ドロー:87%

大体37%で狙い通りに相手がゴッドドローしてくれます。
初手でMを余分に抱えてる確率を考慮するともうちょっと確率が落ちるでしょうか。
僕は3割も相手事故るの? マジで? じゃあつえーわ、と思いますけどほんとに強いかは各々にお任せいたします。


3.初手でSSMMと事故らないための投入比
実際にSとMのどちらを多く投入すべきか、と言う事項には目をつぶり、「二種類のカードを最低2枚づつセットで引いてきたい、それぞれ何枚づつくらいだと大体どれくらいで引けるのか」と言う確率になります。
青黒で一般的な比率に近いと思われる14:14を基準に調整していきます。

12ドローが3マリガンのラインなので、ラス1引きたい+コード一枚は抱えたいみたいな感じで一番多そうなラインです。
一応事故向けに4マリガン=13ドローまで考慮します。
また7ドロー(マリガン前)も考慮します。その場合はいらないコードを捨ててコンボ成立や手札の改善を測るアレそれになると思うので理想の初手です。

・14:14
7ドロー:36%
8ドロー:49%
9ドロー:60%
10ドロー:70%
11ドロー:78%
12ドロー:84%
13ドロー:89%

14:14だと結構事故りますね。
4マリガンでも11%事故というと、6試合もすれば5割で一回は事故ります。
初手で事故ったら挽回が厳しいゲームで11%事故はそんなに許容したくないですね。

・16:16
7ドロー:49%
8ドロー:62%
9ドロー:73%
10ドロー:81%
11ドロー:87%
12ドロー:91%
13ドロー:94%

安心感すげえ。ただコードが18枚しか入らないのがネックですね。
そもそも16枚(=4種類)有用なユニット揃えるのが大変な色もあるかもしれない。

・15:15
7ドロー:42%
8ドロー:55%
9ドロー:67%
10ドロー:76%
11ドロー:83%
12ドロー:88%
13ドロー:92%

こちらも中々ですがあまり初手のマリガンを甘えられない。
初手でせっかく引いたコードを捨てるのも勿体ないのが嫌なところです。

・15:16
超安定してる16:16からSかMをどちらか一枚削る場合。
7ドロー:45%
8ドロー:58%
9ドロー:70%
10ドロー:78%
11ドロー:85%
12ドロー:90%
13ドロー:93%

……このゲーム削れても15:15までなんじゃないかなあ。

・4マリガンする場合の初手SSMM確率
14:14……89%
15:15……92%
15:16……93%
16:16……94%

これを元に、スイスドロー4回戦で事故る確率を考えます。
事故回避の為にすべてのプレイヤーは4枚マリガンするとします。
14:14……38%
15:15……29%
15:16……26%
16:16……22%

15:15でも三割事故ります。
実際にはSSMM並べられなくてもSSSMでなんとかなるとか、ゲルダちゃんでダミー起こしてみたりだとか、この確率で絶対負けるわけではないですが、それでも14:14の事故率は半端ない気がしますね。
かと言って、青黒後攻からコードを減らし、先行を取り損ねてしまえばそれは事故です。
考えたくねえ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。