雑記

メモ書き・備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#ハースストーン hearthstone deck tracker もうちょっと詳しい使い方

前提記事をまずご覧ください。

日本語版ハースストーンのサービスインから数ヶ月、身の回りでもプレイヤーが増えてきたように思います。
ハースストーンをプレイする上で「Hearthstone Deck Tracker」というツールの便利さは言うまでもなく、これの導入をする事を身の回りの人に強くおすすめしてきました。

しかしながら使い方の記事には本当に基礎的なカードの表示の使い方の解説のみに留まっていたため、それらの解説を行わないのは片手落ちだと思い(あと一ヶ月で広告出ちゃったので)解説を行う次第です。
中学・高校レベルの英語の能力があれば読み解くことは難しくないと思いますが、めんどくさいのもまた事実ですしね。
苦労しないための解説記事があるに越したことはないはずです。

優先度が高そうな事項から適当に列記します。
また、2016/03/16時点での情報であることに留意してください。


1.外部サイトからのデッキレシピ読み込み
対応サイトは殆どが海外サイトのそれですが、例えば有名サイトであるテンポストームのMeta Snapshotからレシピを拝借したい場合など。
画面上部、IMPORTからFrom WEBを選択し、デッキレシピのあるURLを入力するだけです。
OKを押し、SAVEを押せばデッキがそのまま使用できます。

2.デッキレシピをゲームに出力
使用したいデッキを右クリックし、「USE DECK」をクリックします。
ハースストーンでコレクションからデッキ編集画面を開き、出力したいデッキのヒーローのデッキを開いておきます。
この時デッキの中身は0枚になっていることが望ましいです。
そののち、画面上部EXPORTから「TO HEARTHSTONE」をクリックします。
あとは自動で30枚選択します。すごい勢いで入力されるので放っておきましょう。もしカードがあるのに選択されない場合は半角全角キーを押すと解決するかもしれません。
カードが足りない場合、DeckTracker側に足りないカード名と製作に必要なダストが表示されます。


3.ゲーム中に使っているレシピを表示する
デフォルトでは引いたカードが右側に表示されていきますが、右側に自分が設定したデッキを表示することができます。



ツイートはアグロシャーマンを回している時のものです。右側にレシピが表示されているのがわかるでしょうか。
ゲーム中引いたカードが右側リストから除外され、デッキの残りカードを常に把握するための機能です。

2の方法などを用いて表示されたデッキレシピを右クリックし、USE DECKをクリックするだけです。
標準の引いたカードを右側に表示する状態に戻したい場合は、画面下のCLEARボタンを押してください。

HDT.jpg
こんな感じで。


4.各種設定解説
必要そうなところだけ拾って解説します。
画面上Optionを押すと出てくるところのあれそれです。

無題

気が向くかコメントかTwitterで要望か何かあったら解説が増えたり減ったりします
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。