雑記

メモ書き・備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#ハースストーン ワイルドTierリスト・Tier1だけ翻訳

テンポストームのワイルド環境のTierリストが出ました。
ワイルド環境を日本語で解説しているまともなサイトがないことですし、だからって自力で書いた記事がまともになるわけでもないので海外サイトの翻訳と言う形で情報を発信していこうと思います。

以下は上記サイトの一部を抜粋・翻訳したものになります。誤訳や問題がありましたらご連絡ください。
なお(細かい表現を訳しそこねている事による)意訳が含まれます。
だいたい読めればいい人向けなのでちゃんと読みたい人は原文も合わせてチェックしてください。

・Tier1

・Secret Paladin
解説
シークレットパラディンは極めて強力なカードをマナカーブ通りにプレイすることが可能なデッキです。
1マナ「秘密の番人」、2マナ「シールドミニロボ」、3マナ「兵役招集」、4マナ「手動操縦のシュレッダー」、5マナ「ヘドロゲッパー」または「ロウゼブ」、6マナの「謎めいた挑戦者」、7マナ「ドクター・ブーム」、8マナ「ティリオン・フォードリング」、そして10マナのンゾスと言ったパワーカードが揃っています。
謎めいた挑戦者を有利な盤面で出すことによって大幅な有利を固めることが主要な勝ち筋です。

今週のまとめ
シークレットパラディンは以前の環境において非常に強力なデッキで、それはワイルドでもあまり変わりません。
シークレットパラディンに対しては「秘策を喰らうもの」を採用・プレイしたくなりますが、「謎めいた挑戦者」の着地後に出したそれでさえ、シークレットパラディンがボードを抑えている状態ではあまり有効ではないと思います。

このデッキはマナカーブ全てがこのフォーマットにおいて強力なカードで構成されています。しかし、フリーズメイジやパトロンウォリアーなどシークレットパラディンに有利を付けられるデッキが存在しないわけではありません。ただし、フリーズメイジはシークレットパラディン対策の秘策を喰らうものに苦しむこととなります。

メタに存在する全てのデッキはシークレットパラディンを意識した勝利プランを持っているべきです。



・Zoo
解説
Zooはハースストーン初期から存在するデッキです。
このデッキは早くコストの軽いカードでボードを埋め、後半はヒーローパワーで手札を補充するデッキです。
早いうちから盤面を取ることで有利な交換によってアドバンテージを得て、最後は「リロイ・ジェンキンス」や「ドゥームガード」によってゲームを終わらせることが出来ます。

今週のまとめ
ZooはTier1の中でもシークレットパラディンのすぐ下に位置づけられています。これは、環境に遅いデッキが多く、早いデッキであるZooは相性がよいからです。
また、シークレットパラディンよりも早くボードコントロールを行うことでシークレットパラディンに対して有利を付けられるデッキでもあります。「シールドミニロボ」や「兵役招集」さえなければ、の話ですが。

しつこく盤面に残る断末魔持ちのミニオンやAoEを多く持つンゾス入りコントロールデッキにはあまり有利ではありません。



・N'Zoth Priest
解説
ンゾスプリーストは防御用の断末魔持ちミニオンを展開し、ンゾスによってそれを再度呼び出すことで勝つデッキです。
ワイルドでは、プリーストは「ヘドロゲッパー」「デスロード」「光爆弾」と言ったパワーカードを使うことが出来ます。

このデッキの戦略は、早い段階のゲームにおいてダメージをなるべく受けないようにすることです。
断末魔持ちのミニオンや、中盤以降の埋葬・光爆弾によって相手のミニオンを効率的に取り除きましょう。
ンゾスによって、コントロールプリーストの問題点であったフィニッシャーの問題が解決しています。ンゾス一枚でボードを埋めることが出来るためです。

強力な生物が跋扈するワイルド環境では、プリーストは強力なデッキとして活躍できるでしょう。

今週のまとめ
いよいよ来たな! プリーストはここにいるぞ!
幸運にも、全てのプリーストユーザーは強力なデッキを楽しめます。ンゾスプリーストはTier1のデッキです。
ンゾスプリーストをTier1であるのはンゾスが断末魔持ちを蘇生することでより安定して勝利プランを作れることにあります。

ンゾスプリーストがTier1の中で唯一のコントロールデッキではありますが、これは他のTier1デッキ(シークレットパラディン、Zoo、パトロンウォリアー)に対して有利であるためです。

もうプリーストは最初の2ターンの間にヒーローパワーを打つ必要はありません。「エサゾンビ」によって1ターン目から盤面をとれますし、「ヴェレンに選ばれし者」が強力な盤面を作ります。また、埋葬で相手の断末魔持ちミニオンを奪うことで、ンゾスで蘇生することもできます。

早い段階での強いボードを形成できるカード、中盤での強力な除去、更に遅いゲームでのンゾスによる勝ち筋はワイルド環境でプリーストがTier1である要因です。



・Patron Warrior
解説
パトロンウォリアーは「旋風剣」や「内なる怒り」などの自分のミニオンへダメージを与えるカードを使って「ぐったりがぶ飲み亭の常連」を増やすことで勝つデッキです。強力な武器の存在や、パトロンを増やす勝ち筋からゲーム中盤にかけて勝負をつけにいきます。
また、コントロールデッキのように動き、パトロンを増やすための旋風剣のようなコストの軽いカードを使って「グロマッシュ・ヘルスクリーム」によるバーストダメージでの勝利を狙うことも出来ます。
ビートダウン相手にはほぼ五分以上をつけることの出来る、強力なTier1のデッキです。

今週のまとめ
(パトロン嫌いなので面倒だから訳しませんが、デスバイトつえーってことと旋風剣系のカードで盤面取るとパラディンとZooに勝てるってことと行き詰まったらンゾス投げて雑に勝つってことが書いてありました)




翻訳は以上です。
スタンダード環境が面白いのも疑いようがありませんが、懐かしのブームやゲッパーといったオーバーパワーカードの飛び交う魔境、ワイルド環境でも遊んでみませんか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。